イーサリアム(ETH)のハードフォーク(Gray Glacier)についてのお知らせ(2022年6月24日)

2022年06月24日

平素より当社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
イーサリアム(ETH)のハードフォーク「Gray Glacier」がブロック高15,050,000(日本時間の2022年6月30日頃)にて予定されております。
今回のハードフォークに関しまして、以下の通りご案内をさせていただきます。

提供サービスへの影響

当社が提供するサービスについては、現時点ではサービス停止等を予定しておりません。
但し、相場急変によってスプレッドが大幅に拡大する場合や、流動性の状況等によりサービスを一時停止させていただく場合がございますので、ご了承ください。
※eワラント取引:イーサリアム(ETH)を対象とするeワラント(イーサリアム(ETH)レバレッジトラッカーおよびイーサリアム(ETH)先物インデックストラッカー)
※暗号資産CFD取引:イーサリアム(ETH)

ハードフォークの発生時期

ブロック高:15,050,000
日本時間の2022年6月30日(木) 頃

ハードフォークの内容

EIP-5133: Delaying Difficulty Bomb to Mid September 2022

ハードフォークの詳しい内容につきましては以下のサイトをご覧ください。
Arrow Glacier Upgrade Announcement
https://blog.ethereum.org/2022/06/16/gray-glacier-announcement/
(※外部サイトへ遷移いたします。ご注意ください。)

ハードフォークを計画する主体

Ethereum Foundation

ハードフォークの目的及び予測される効果

ディフィカルティボムの延期

ハードフォークによりお客様に生ずるリスクなど

ハードフォークに伴いブロックチェーンの分岐などにより大幅な価値変動が発生する可能性や流動性の状況等によりスプレッドが拡大する可能性の他、サービスを停止させていただく可能性等がございます。予めご了承ください。
お客様におかれましては、ハードフォークに伴う市場変動等をご勘案いただき、保有されているeワラントおよびCFDでの建玉管理につきましてご留意いただきますようお願いいたします。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
カイカ証券で取り扱っている各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なります。
詳細につきましては、カイカ証券ホームページの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

投資勧誘方針

当社における投資勧誘とは

当社は、ホームページ等に当社取扱商品の説明・広告等を行うことにより、投資勧誘を行います。当社では、個別銘柄の推奨等、投資判断に関する助言、又は電話・個別訪問による勧誘は、時間帯に関わらず原則行っておりません。

投資勧誘の基本方針

当社は、当社がお客様に対し商品の勧誘を行う場合、お客様の氏名、住所等とともに、投資目的、資産の状況、投資経験の有無等を記載した顧客カードを備え置き、必要に応じて更新し、お客様の知識、経験、及び財産の状況に照らし合わせて、お客様の意向と実情に適合した投資勧誘を行うよう努めます。

取扱商品の説明・広告等

当社は、ホームページ等の表示については、広告審査担当者が内容の確認を行い、お客様の誤解を招くような表現がなされないよう、取扱商品の内容、仕組み、リスク等について、分かりやすく適切な説明・広告等を行うように努めます。

当社からのご連絡

当社からお客様に対する取引等に関するお知らせ等については、原則として取引ページへの表示をもって行います。お客様には、取引を行わない場合であっても、定期的に取引ページにログインの上、お知らせの有無、及び内容をご確認くださいますようお願いします。 なお、当社が必要と認める場合には、お客様が当社にご登録いただいているメールアドレス又は電話番号等にご連絡を行う場合があります。但し、電話によるご連絡を行う場合は、特に緊急を要する事務連絡を除き、午前8時から午後7時までの間に行うものとします。 特に緊急を要するものとしては、次のものが考えられます。
  • ご注文内容の確認のご連絡
  • 不足金についてのご連絡
  • その他、当社が特に緊急のご連絡が必要と判断した場合のご連絡

知識技能の修得・研さん

当社の役職員は、お客様の信頼と期待を裏切らないよう、常に知識技能の修得、研さんに努めます。

法令・諸規則の遵守

当社は、投資勧誘に当たっては、常にお客様の信頼の確保を第一義とし、金融商品取引法、商品先物取引法及び関係法令等を遵守し、適正な勧誘が行われるよう、内部管理体制の強化に努めます。

お客様相談窓口の設置

お客様のお取引について、ご不明な点等ございましたら、コールセンター(0120-186-114)までご連絡ください。
2022年11月

トラッカー(カバードワラント)の手数料及びリスク説明

トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックス(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(但し、レバレッジトラッカーは同方向又は逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。 取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買価格差)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄及び購入時点によって異なる可能性があります。 お取引にあたっては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

証拠金に関して

当社取扱の商品(eワラント、トラッカー、レバレッジトラッカー)は、レバレッジ投資ですが証拠金が必要ないため、追証(おいしょう)もありません。このため証拠金不足によるロスカットもなく、最大損失は投資した元本までに限定されています。