2021年11月15日(月)より新たに961銘柄のeワラント、ニアピンおよびトラッカーが追加されます

2021年11月09日

■eワラント

今回新たに追加される対象原資産

対象原資産の種類対象原資産
先物リンク債ビットコイン先物リンク債_2022年1月限
先物リンク債イーサリアム先物リンク債_2022年1月限


今回追加されるeワラント(926銘柄)の詳細は以下の通りです。

対象原資産の種類追加銘柄数
国内株式774
外国株式96
株価指数10
為替リンク債16
コモディティリンク債30


■ニアピン

今回追加されるニアピンeワラント(3銘柄)の詳細は以下の通りです。

対象原資産追加される銘柄の満期ピン価格
米ドル2022年1月12日112円から116円の間で2円ごとに設定


■トラッカー

今回追加されるトラッカー(32銘柄)の詳細は以下の通りです。

銘柄名回号権利行使価格満期日
銀リンク債プラス5倍トラッカー32回22米ドル2022年1月12日
銀リンク債プラス5倍トラッカー33回23.5米ドル2022年1月12日
銀リンク債マイナス3倍トラッカー32回25.5米ドル2022年1月12日
銀リンク債マイナス3倍トラッカー33回28.5米ドル2022年1月12日
金リンク債プラス5倍トラッカー52回1,675米ドル2022年1月12日
金リンク債プラス5倍トラッカー53回1,750米ドル2022年1月12日
金リンク債マイナス3倍トラッカー46回1,875米ドル2022年1月12日
金リンク債マイナス3倍トラッカー47回2,000米ドル2022年1月12日
ビットコイン先物リンク債_2022年1月限プラス5倍トラッカー1回13,000米ドル2022年1月12日
ビットコイン先物リンク債_2022年1月限プラス5倍トラッカー2回45,000米ドル2022年1月12日
ビットコイン先物リンク債_2022年1月限プラス5倍トラッカー3回56,000米ドル2022年1月12日
ビットコイン先物リンク債_2022年1月限マイナス3倍トラッカー1回72,000米ドル2022年1月12日
ビットコイン先物リンク債_2022年1月限マイナス3倍トラッカー2回83,000米ドル2022年1月12日
ビットコイン先物リンク債_2022年1月限マイナス3倍トラッカー3回115,000米ドル2022年1月12日
野村日経225ダブルインバースETFリンク債プラス5倍トラッカー32回140円2022年1月12日
野村日経225ダブルインバースETFリンク債プラス5倍トラッカー33回330円2022年1月12日
野村NYダウ30連動ETFリンク債プラス5倍トラッカー32回34,000円2022年1月12日
野村NYダウ30連動ETFリンク債プラス5倍トラッカー33回38,000円2022年1月12日
野村NYダウ30連動ETFリンク債マイナス3倍トラッカー32回43,000円2022年1月12日
野村NYダウ30連動ETFリンク債マイナス3倍トラッカー33回50,000円2022年1月12日
野村日経225レバレッジETFリンク債プラス5倍トラッカー35回13,000円2022年1月12日
野村日経225レバレッジETFリンク債プラス5倍トラッカー36回15,000円2022年1月12日
イーサリアム先物リンク債_2022年1月限プラス5倍トラッカー1回650米ドル2022年1月12日
イーサリアム先物リンク債_2022年1月限プラス5倍トラッカー2回2,700米ドル2022年1月12日
イーサリアム先物リンク債_2022年1月限プラス5倍トラッカー3回3,400米ドル2022年1月12日
イーサリアム先物リンク債_2022年1月限マイナス3倍トラッカー1回4,900米ドル2022年1月12日
イーサリアム先物リンク債_2022年1月限マイナス3倍トラッカー2回5,600米ドル2022年1月12日
イーサリアム先物リンク債_2022年1月限マイナス3倍トラッカー3回7,700米ドル2022年1月12日
プラチナリンク債プラス5倍トラッカー37回950米ドル2022年1月12日
プラチナリンク債プラス5倍トラッカー38回1,025米ドル2022年1月12日
プラチナリンク債マイナス3倍トラッカー37回1,125米ドル2022年1月12日
プラチナリンク債マイナス3倍トラッカー38回1,275米ドル2022年1月12日


プラス5倍トラッカーおよびマイナス3倍トラッカーをまとめて「レバレッジトラッカー」と呼びます。レバレッジトラッカーの詳しい情報はこちらの特集ページをご確認ください。

新規追加銘柄の条件に関する詳細情報は以下のファイルをご覧ください。なお、ファイル中、新規銘柄は”NEW”と表示されています。
https://www.caica-sec.com/wp-content/uploads/2021/11/namelist20211115.pdf

なお、新規追加銘柄の価格および関連情報の配信は、11月15日(月)9:00以降の各銘柄の取引開始時点より行われます。このため、これらの情報を利用する当該銘柄のチャートは11月15日(月)の情報配信開始後まで通常のご利用はできませんのでご注意ください。

商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。
トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます。 これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

投資勧誘方針

当社における投資勧誘とは

当社は、ホームページ等に当社取扱商品の説明・広告等を行うことにより、投資勧誘を行います。当社では、個別銘柄の推奨等、投資判断に関する助言、又は電話・個別訪問による勧誘は、時間帯に関わらず原則行っておりません。

投資勧誘の基本方針

当社は、当社がお客様に対し商品の勧誘を行う場合、お客様の氏名、住所等とともに、投資目的、資産の状況、投資経験の有無等を記載した顧客カードを備え置き、必要に応じて更新し、お客様の知識、経験、及び財産の状況に照らし合わせて、お客様の意向と実情に適合した投資勧誘を行うよう努めます。

取扱商品の説明・広告等

当社は、ホームページ等の表示については、広告審査担当者が内容の確認を行い、お客様の誤解を招くような表現がなされないよう、取扱商品の内容、仕組み、リスク等について、分かりやすく適切な説明・広告等を行うように努めます。

当社からのご連絡

当社からお客様に対する取引等に関するお知らせ等については、原則として取引ページへの表示をもって行います。お客様には、取引を行わない場合であっても、定期的に取引ページにログインの上、お知らせの有無、及び内容をご確認くださいますようお願いします。 なお、当社が必要と認める場合には、お客様が当社にご登録いただいているメールアドレス又は電話番号等にご連絡を行う場合があります。但し、電話によるご連絡を行う場合は、特に緊急を要する事務連絡を除き、午前8時から午後7時までの間に行うものとします。 特に緊急を要するものとしては、次のものが考えられます。
  • ご注文内容の確認のご連絡
  • 不足金についてのご連絡
  • その他、当社が特に緊急のご連絡が必要と判断した場合のご連絡

知識技能の修得・研さん

当社の役職員は、お客様の信頼と期待を裏切らないよう、常に知識技能の修得、研さんに努めます。

法令・諸規則の遵守

当社は、投資勧誘に当たっては、常にお客様の信頼の確保を第一義とし、金融商品取引法、商品先物取引法及び関係法令等を遵守し、適正な勧誘が行われるよう、内部管理体制の強化に努めます。

お客様相談窓口の設置

お客様のお取引について、ご不明な点等ございましたら、コールセンター(0120-186-114)までご連絡ください。
2022年11月

トラッカー(カバードワラント)の手数料及びリスク説明

トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックス(リンク債)の価格変動や為替相場など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(但し、レバレッジトラッカーは同方向又は逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。 取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買価格差)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。 また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄及び購入時点によって異なる可能性があります。 お取引にあたっては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

証拠金に関して

当社取扱の商品(トラッカー、レバレッジトラッカー)は、レバレッジ投資ですが証拠金が必要ないため、追証(おいしょう)もありません。このため証拠金不足によるロスカットもなく、最大損失は投資した元本までに限定されています。